メジャーなバイトと言えば、真っ先に上がるのが「コンビニバイト」ですが、

ニートにとってはどのようなものなのでしょうか。

7c62ea8347b8f7a0fa862b667925a147_s

 

コンビニ店員の仕事内容

接客やレジ
レジ打ちしたり、コンビニならではの便利なサービスを行う。

清掃
空いた時間に店内の床やトイレ、店の周りのゴミ掃除など。

商品の棚卸
棚から減った商品を補充したりする作業。

レジ横の簡単な調理
から揚げ揚げたり、肉まんやおでんなどの調理。品切れにならないよう補充も。

 

他にも代行サービスやら発注やら切手やらなんやら販売なども。

 

基本的なことからできない

職歴が全くなく、簡単なバイトも一切経験がないため、レジやバーコードスキャンなどの初歩的なことから学ばなければなりません。普通の人は大抵経験しているようなことすら、からっきし出来ないので初っ端から躓いていきます。

接客の基本である笑顔でハキハキとしゃべることも困難です。殆ど人と話す機会がなく、表情筋を長年使う機会がなかったのでうまく笑うことが出来ません。声を出すことすら苦労します。

基本的な仕事も出来なければ、接客の基礎もなっていません。最初から襲い掛かる壁はとても高く感じます。


応用なんてもっての外

基本的な仕事すらできないのに、覚えることは山ほどあります。

お客さんから質問が来た時のために、ATMやコピー機などのセルフサービス、商品の場所、チケット販売など把握しなくてはいけません。自分が客として利用する分なら覚えられそうですが、他人に教えられるほどの理解を得られるかどうかは分かりません。元々、説明するのが苦手なのも合わさって、何度も他の店員に助けを乞うことになるでしょう。

ただでさえ人よりも覚えることが多いのに、設備の使用方法や、タバコの銘柄、多岐にわたるサービスまで覚えるとなると、普段全く使うことのない錆びついた頭には荷が重すぎます


掃除すら出来ない

掃除一つとってもスムーズに行うことができません。

10年以上前の学校の清掃以来、掃除経験がほぼないため、普通に掃除道具を使えるかどうか不安です。

自宅の掃除も年に1度掃除機を掛ければいい方なので、コンビニの清掃ですらこなせるか怪しいです。


コンビニで働くメリットもあるが…

覚える量こそ多いですが、一度覚えてしまえば楽になりそうではあります。ですが、普段から甘えに甘え切っているひきこもりニートでは覚える前にリタイアします。

また、コンビニは店舗数も多く人手が少ないため、職歴のないひきこもりニートでも職に就けそうなのは唯一の救いでしょう。


結論

探せば職歴なしの状態でもバイトとして雇ってくれるところはどこかにあるのかもしれませんが、仕事量が半端なく多そうで辛そうです。

うまく笑うことも出来なければ、はっきりとしゃべることも困難。

おまけに、嫌な客に出会ったとき、すぐさま仕事を辞める自信があります。

奇跡的に家から近い場所で働けたとしても、辞めたら行き辛くなり近場のコンビニが一つ減るハイリスクです。 

つまり無理です。