接客業における代表格の一つである「アパレル店員」ですが、正直なところ、まったく興味を抱けず、自分に勤まるとも思えません。

どのような点で、自分がアパレルショップの店員になれないのか解説していきます。

shop-2731770_640

アパレルショップ店員の仕事内容

接客お客さんがどういったものを希望しているのかを聞き、コーディネートしたり、アドバイスなどを行う。

レジ、商品の管理、商品を展示するディスプレイ、売り上げの管理なども行う。

 

なぜ興味がないのか

冒頭でも言った通り、この職業には全く興味を抱けません。服は、「無難なもので適当に着られるならそれでいいや」程度の認識でしかなく、流行りのファッションに乗ろうとも、おしゃれしようとも思いません。

そもそも、この10年間で1着も服を買っていませんし、出掛ける機会が殆どと言っていいほどない訳ですから必要ないですしね。

服をまともに畳むスキルもありませんし、服に関する知識もありません。Tシャツを綺麗に畳んだ記憶もないですし、デニムとジーンズの違いも分りません。このような状態なのですから、お客さんの好みや希望に合わせてコーディネートが出来るセンスを持っているはずがありません

もしかしたら、今までファッションに触れていないだけで、自分の眠れるファッションセンスがアパレルショップの店員になることによって開花するかもと期待をするのは馬鹿げた話ですからね。

 

やれそうにない理由

仕事内容に関しても、お客さんとみっちりコミュニケーションを取って、しっかりと商品を販売していく接客なのですから、コミュニケーション能力が著しく低い自分にはやっていけません

「一対一でお客さんと、どういった服がいいのかを話し合い、満足のいく商品を提供していく」なんてものは、やっていけないでしょう。あまり声を掛けてほしくなさそうなお客さんにも、ガンガン話しかけなければならないのも気が進みません。

殆ど使わなくなてしまった喉に、立ちっぱなしで削れていく体力、店内は飲食禁止のため細目に水分補給が取れない状況が合わされば、そのうち「いらっしゃいませー」の一言すら発せなくなるレベルです。

また、販売ノルマを達成していかない事も考えると、毎日がプレッシャーで精神がすり減っていくでしょう。接客を主に行う職業ですから、嫌なお客さんに出会う機会も多くなるでしょう。こうなってしまえば、自分に勤まるなんてことは考えられません。

 

結論

仮に、色々な要素がうまくいき、働き続けることが可能であったならば、コミュニケーション能力が付き、服に関する知識が増え、ファッションセンスも磨かれ、お客さんの要望に沿えるものが提供できたなら、満足感を得ることができるでしょう。

しかし、実際には、「アパレルショップの店員」と「私」では、相容れない点が多数あり、こんな私が面接を突破できるわけがありません。

仮に、雇われるようなことがあったとしても、マネキンを追加したほうがお店にとって有意義な状態です。

 

つまり無理です。