ブライダルバイトはひきこもりニートにとってはできないバイトです。

少し変わったバイトですが、結婚式に代理出席するバイトもブライダルバイト同様厳しいものです。

あまり知られていないバイトなため、仕事内容を中心にみていきます。

pide-and-groom-2718880_640

結婚式の代理出席バイトの仕事内容

新郎・新婦の両家の人数バランスを整えるために、まったく知らない人の結婚式に友人や同僚、家族の代わりとして結婚式に出席します。

新郎または新婦にとってどういった存在(学校の同級生や会社同僚など)なのかを事前に覚え、与えられた役柄をしっかりとこなしていかなければなりません。

結婚式の代理出席バイトのメリット

  • 美味しい料理が食べられる。
  • 引き出物が受け取れる。
  • 演技力が上がる。
  • コミュニケーション能力が上がる
  • 幸せな場で働ける。

結婚式場で出される美味しい料理がタダで食べられ、給料とは別に結婚式で出される引き出物が貰えます。

美味しいものを食べてお金を稼ぎ、ついでにお土産も貰いたいという人にとってはおいしいバイトです。

また、結婚式ごとに学校の同級生や会社同僚などの、さまざまな役柄が与えられるので演技力が上がります。

設定がバレるのを防ぐため、積極的にコミュニケーションをとっていく訳ではありませんが、場の雰囲気に合わせてコミュニケーションをとりながら演技をしていくので、将来、役者になりたい人にはプラスな経験になるでしょう。

結婚式の代理出席バイトのデメリット

  • 覚える事柄が多い。
  • 失敗することができない。

問題なくこなしていくために、新郎または新婦の細かな経歴情報や、「会社の同僚」という設定ならその職業の仕事内容なども覚えなければいけません。

依頼主は結婚式をより良くしようとお金を払っているので、演技に不備があったりして結婚式を台無しにしてしまう失敗は許されません。

結婚式の代理出席バイトで求められるもの

  • 常識やマナー
  • 守秘義務

一般的な常識を持ち、礼儀やマナーを守らなければなりません。結婚式に相応しい身だしなみや服装を整えることが大切です。

また、結婚式中はもちろん、結婚式が終わっても誰にも話してはいけません。

式中にバレてしまえば台無しですし、終わってからバレても家庭内で険悪な雰囲気が出てしまうでしょう。

飲みすぎるとよからぬことを口走ってしまう人は気を付けなければなりません。

ニートが結婚式の代理出席バイトに就けない理由

まず、与えられた役柄をしっかりと覚えることが厳しいです。腐りきった頭ではどこかしらで不備が出てバレるリスクにつながるでしょう。

仮に、しっかりと覚えきれたとしても、一般の参加者とコミュニケーションを取る際に、突っ込まれた質問をされればしどろもどろになり不審者となり果てます。

常識やマナーなさ、社会経験の乏しさから嘘がバレてしまう可能性も考えられます。

まとめ

結婚式の代理出席バイトは、美味しいものを食べたい人、引き出物がほしい人、演技力を磨きたい人にとっては、お金を稼ぎながらメリットを得られるのでいいバイトです。

影の薄さを前面に出し切れば乗り切れるかもしれませんが、ひきこもりニートではバレるリスクが高すぎるため

無理です。