もしも外に働きにでかけるなら、引きこもっているときとは違い身だしなみに気を付ける必要があります。

ですが長年こもっていると、でかけるための服が用意できないことがあります。

そんなときの対処法をご紹介します。


店に行くのは控えるべき

服を買いに行く服がない場合、気軽に外に行けるような状態でないことが考えられます。ひきこもり続け、何年も同じ服を着まわしてヨレヨレになっていたり、不摂生な生活から体系が変わって服のサイズが合っていないなどの問題があります。

別に服を買いに行くんだから何着ていっても構わないだろうと、浮浪者に片足突っ込んだような格好でアパレルショップに行くと、店員から、「なんかヤバいやつきた」と怪異の目で見られてしまいます。仮に、清潔な状態を保てていたとしても、服を買いに行く服がないような人間が、ショップの店員とコミュニケーションをしっかりと取れるとは考えにくいです。

ユニクロやしまむらなら店員が話しかけてこないので、そっちに行けばいいのでは、という意見もありますが、何年も服に縁のない人間が、まともな選択をできるセンスを持っているとは思えないので止めておくのが無難です。


ネットショップを使いましょう

服を買いに行く服がない人間にとって、ネットショップで購入することは、実際に店舗に足を運んで購入する場合よりもメリットが多いです。

外に出るのを極力減らしたいので、出かける手間が1回分減るのは非常に大きいです。ネットを使って注文すれば、じっくり選びながら24時間いつでも頼むことができて、指定した時間に配達員の方が自宅に届けてくれるのでいい時代ですね。

 自分に服選びのセンスがなくとも、商品の口コミやレビューを調べれば失敗するリスクを抑えることが出来ます。清潔感ある無難な服の中で、評判の良いものをセットで選べば間違うことは少ないでしょう。

ネットショップを使う場合の注意点

実際に店舗で服を着てサイズチェックすることが出来ないので、自分で採寸する必用が出てきます。メジャーで測り、サイトに表記されている服のサイズにに合っているか比べます。

適当に買ってサイズが合わなければ、出かける気力も失ってしまいかねないので、気を付けなければいけません。

返品可能な店もありますが、手間が増えるので間違うことのないようにしたいですね。


フリマアプリやネットオークションを使う手も

とにかく安くすませたい場合には、メルカリなどのフリマアプリやヤフーオークションなどを使って購入すれば、費用を抑えることが出来ます。

デメリットとしては、色落ちや臭いなど品質の低いものあることです。個人でやりとりするため、トラブルがあった際には面倒です。

ちなみに、私はリスクを取りつつアプリを使って費用をできるだけ抑えました。

adfffa

まとめ

服を買いに行く服がない場合は、直接お店に行かずにネットショップを利用することをオススメします。

日々ネットショップも進化していっているので、配送されるまで実物を見ることができないのが難点ですが、さまざまなサービスも増えてきているのでとても便利です。