ソーシャルゲームは暇なときに気軽に遊ぶことができます。ですが、無課金で一つのゲームだけをやると制限されることが多く、なかなか満足するほど遊べません。

そこでオススメなのが複数のゲームをプレイすることです。私が実際に複数のゲームをプレイしてよかったと思うことをご紹介します。

配布されたものが温存出来る

最近のソーシャルゲームは、基本的にスタミナシステムを取っており、数回プレイするだけでスタミナがなくなります。

一つのゲームだけしかやっていない場合は、すぐにスタミナが切れて物足りなさを感じ、ついつい配布された課金アイテムに手を出してしまいがちです。スタミナ回復に配布された課金アイテムを使ってしまうと、ソーシャルゲームの醍醐味であるガチャを回せる機会が減ってしまいます。

複数のゲームをやっていれば、スタミナが切れたら別のゲームを遊ぶことによって気を紛らわせるので、ガチャを回す分に残すことができます。

ガチャがたくさん回せる

溜めた分で回したガチャの良し悪しでも、遊び方を変えれば長くプレイできることに繋がります。引きの悪いゲームはプレイする頻度を減らせば受けるダメージを抑えられ、逆に引きの良いゲームはモチベーションが上がって楽しく遊ぶことができます。

また、複数のゲームをプレイするということは、ゲームの数だけガチャが回せるということです。

プレイしているゲームにもよりますが、一つのゲームしかしていなければ、1カ月に平均で10連ほど、多く配布されても50連ほどしかできません。複数あれば100連以上回すことも可能で、最高レアリティが当たる機会もその分増えます。

引きが酷ければ切ればいい

 最高レアリティのものが出るかどうかは確率で決まります。1%のものが、100回まわせば確実に出るわけではありませんし、1000回まわしても出ないこともあります。

長いこと多くのソーシャルゲームをやっていれば、何かしらの悪意を感じたくなるほど酷い引きに出会います。そんな引きをしてしまったら、バッサリやめてしまえばいいのです。


私は、グランブルーファンタジーというゲームを1年ほど毎日数時間プレイしていました。このゲームは、私がプレイした何十ものソーシャルゲームの中でも1番時間を費やしましたが、1番引きが酷かったです。

最高レアリティの出る確率が、表記の半分は当たり前なうえに、出たとしても、「ありえないだろ」と思うレベルで被り続けました。おまけに、本当に必要なものは一切出ず、何千回も回したのにもかかわらず、引きが良いことが1度もなかったゲームは生涯でこれしかありません。

何百時間も費やしましたが、ある日、我慢しきれなくなり衝動的に辞めました。辞めた当初はイライラし続けましたが、ほかのゲームをやってるうちになんとか落ち着きました。

複数のゲームをプレイしていれば、一番やっているゲームにイライラして辞めても最終的にはなんとかなります。むしろ、今では、もっと早くに辞めておけばよかったという気持ちしかありません。

まとめ

複数のゲームをプレイすれば、ソーシャルゲームの醍醐味であるガチャを回す機会が増えます。

酷い引きのゲームがあれば、バッサリと切り捨てても何の問題もないのでガンガン切り捨てましょう。